みんなが知らないウォーターサーバーのメリット

 最近ではウォーターサーバーが置いてある施設や家庭が増えてきたため、ウチにも置こうかな?と検討することもあるのではないでしょうか。温水と冷水が出て宅配してくれる、これがメリットだと思っていませんか?
 ウォーターサーバーを11社比較しているうちに気付いたメリットがあるので、皆さんに紹介しますね。

メリット①キッチンまで持ってきてくれる

 最近では通販やネットスーパーなどもあるので、このメリットは大きくなくなってきましたが、それでもウォーターサーバーのほうが選ばれていますね。その理由は、ヤマトなどの宅配業者ではなく、専門スタッフが届けてくれるメーカーがあるからです。
 専門スタッフならサーバーを設置しているキッチンまで運んでくれたり、ゴミだしが面倒なダンボールなどの梱包剤がでなかったりと、育児中のママには本当に嬉しいメリットですよね。

 市販のペットボトルのミネラルウォーターを常備しておく場合、購入して持って帰ってくる必要があります。となると、問題となるのが重さですね。毎回重い水を持って帰ってくる必要があるのはつらいですよね。まとめ買いするとさらにつらくなります。ウォーターサーバーならそういったわずらわしさが全くないので、楽においしい水を飲むことができます。

メリット②最大4段階の温度切り替えができる

 ミルク作りに便利な冷水・温水がすぐに使えるのがウォーターサーバーのメリットですが、常温と熱湯も出る4段階の温度調節機能を持つウォーターサーバーが登場しています。お腹の弱い人や子供には常温水はとても助かりますよね。
 ウォーターサーバーの温水は80度~85度ほどですが、カップ麺などのインスタント食品を作るには温度が足りなかったりします。特に冬場はサーバーのタンクのお水が冷え切っているので温度が上がり辛くなっています。そんなときに90度以上の熱湯が出る機能があるサーバーはとっても便利です。
 ウォーターサーバーさえあれば、お水を瞬時に好みの温度に調節することができます。冷やす必要も沸かす必要もなくなり、手間も置くスペースも節約できるので、赤ちゃんの調乳が手早くできます。

メリット③水分摂取量が増える

 日本は水道水も飲める水として使われていますが、やはり水道水独特の味がします。水道局で作られた水道水は本当にキレイなお水なんですが、水道管が汚れているので蛇口から出るお水は美味しくないんですよね。
 ミネラルウォーターなどと比べると、やはりミネラルウォーターのほうが美味しいと感じる人がほとんどでしょう。水道水で十分という人も、ウォーターサーバーを導入すると、美味しさと手軽さで水分補給の回数が増えるはずです。

 多くの人が、1日に必要な量の水分を摂取できない、といいます。育児中のママは、子供の水分補給にばかり気をとられて自分のことは後回しにしがちです。今まで冷蔵庫で隠れていた冷たいお水ですが、ウォーターサーバーなら目に見えるところにあってボタンを押すだけでお水が出るんです。きっと水分補給の回数が増えることと思います。
 あらゆる飲み物は飲む機会があっても、水をたくさん飲む人って少ないんですよね。ジュースでもコーヒーでもなく「水」を飲むことが体にとっては大事なんです。健康にも美容にも、水での水分補給が推奨されています。

 他にも、リッチ気分になれる、スタイリッシュなデザイナーズサーバーでリビングがお洒落になる、なんていうメリットも。きっとあなただけのメリットが沢山見つかると思いますよ。

▲ページトップに戻る