赤ちゃん用の水とミネラルウォーター、ミルクにはどっちがいい?

森永 赤ちゃんの水
私は、ミルクを作るための水をお店で買ったことはありませんが、赤ちゃん用の水として売られているペットボトルの水を、一度だけ購入したことがあります。
「赤ちゃんの・・・」とあるのだから、そのまま赤ちゃんに飲ませてよいのだろうと。
特に必要はなかったのですが、1本あると何か役に立つときがあるかな~とぐらいの軽い気持ちで買いました。

でも、結局出番がなかったので、そのペットボトルは、友人にあげました。

この「赤ちゃんの水」も含め、お店で売られているペットボトルのミネラルウォ―タ―は、すべて調乳用に使えると思っている方もいるのではないでしょうか。
お出かけのときに湯冷ましを忘れてきた、もしくはなくなった場合、あなたはどうしていますか?

ミネラルウォーター使ってミルクを作ることについて

過去に、用意していた湯冷ましがなくなってしまいミネラルウォーターを購入したことがありますが、「ミルクのお湯を冷ますために、ミネラルウォーターをそのまま入れてミルクを作ったらいけない」と聞いたことがあったので、どのお水だったら大丈夫なのかスーパーの水売り場の前で携帯を使って調べたことがあります。

すると、インターネットには「ミネラルウォーターでミルクを作ったらだめ」とどこを見ても書いてありました。
硬度が低いミネラルウォーターならOKなのは分かりましたが、「それがどうしてだめなのか」という疑問はそのまま解決しないままに。

最近、気になってちょっと調べてみたところ、ミネラルウォ―タ―にも本当にいろいろな種類があることに気付きました。
そして、赤ちゃんにはミネラルを分解する機能が弱いので、ミネラルが多いと赤ちゃんの身体に負担がかかるということを知りました。

赤ちゃんの調乳用の水は、なるべくミネラル成分の含有量が少ない「軟水」の水が良いということ。
そして、「軟水」であっても、ミルクに使うのであれば、そのままよりも一度沸騰させたほうが安心なことも分かりました。
全然知りませんでした。

赤ちゃん用の水を使ってミルクを作ることについて

「赤ちゃん用の水」と書いてあるボトルであっても、「そのまま調乳に使えます」という記載がない場合は、念のため一度沸騰させて使ったほうが良いようです。
しかも、そのような注意書きのあるボトルは、なかなか見ない気がします。
実際、私がこの前手にしてみた赤ちゃん用のお水にも、そのような記述はどこにもありませんでした。

ある程度、月齢が進めば、そこまで神経質にならなくてもよいのかもしれません。
でも、赤ちゃんには、本当に安心できるお湯とお水を使ってミルクを作ってあげたいですよね。

赤ちゃんのいる家庭で利用されることの多いウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーも例に漏れず、ミネラルの含有量をチェックしてお水を選ぶ必要があります。

大人の方にはバナジウムなどミネラル豊富なお水がよいでしょうし、ミルク作りを主な目的として使う場合はフィルターにかけて細菌やミネラルを取り除いたRO水がよいでしょうし、それぞれの用途によって一番適したお水を選びましょう。

▲ページトップに戻る