調乳口コミ | 水道水を沸騰させたお湯でミルクを作ってます!

我が家で調乳に使用している水の口コミ

電気ケトルのティファール6
 現在生後5ヶ月になる男の子を母乳、ミルクの混合で育てています。最初の1、2ヶ月に比べ、だんだんと母乳の量も減っていきミルクの量が増えて調乳する機会も多くなりました。
 本来はそのまま飲める赤ちゃん専用の飲料水で調乳してあげるべきだとは思っていましたが、我が家の家計は裕福な方ではない為、生まれた時から調乳の際はに入れ冷蔵庫で保存している白湯を使用しています。

2リットルペットボトルのお水を使った調乳方法

赤ちゃんのミルク6
 息子が1、2ヶ月の時には育児が慣れてきて楽になってきたのですが、その時はまだ授乳スケジュールが定まっていないので調乳の際は焦る時がありました。できるだけ息子を待たせないように、泣かせないようにした調乳のやり方をご紹介します。

  1. ミルクを欲しがる赤ちゃんは泣く前に必ずグズグズします。それを見たら電気ケトルのスイッチをオンに。この時、沸かす時間を短縮する為、少ない水を入れます。
  2. 沸かせている間に哺乳瓶に規定の粉ミルクを入れます。
  3. 沸いたら、全部入れるのではなく半分位のお湯を入れ、粉ミルクを溶かしそこに冷蔵庫で冷えている白湯を入れ、混ぜると完成になります。

 以上が我が家の時短テクニックになります。我が家はマンションの為、あまり泣かせないようにしないといけないので時間との勝負になっています。

赤ちゃんの火傷防止対策

 何故、沸騰したお湯は半分だけなのかと言いますと、以前知り合いのママ友から聞いたのですが、調乳を急ぎすぎてミルクがきちんと冷めない状態で授乳した為、赤ちゃんは舌を火傷したそうです。その話を聞いて焦っていてもミスしない調乳の仕方を考えた末、外側から冷ますのではなく内側から冷まそうと思い、この調乳の仕方に至りました。
 ですが私自身おっちょこちょいな為、よくお湯を入れすぎたりする時が多々ありますが、その時は病院で教わったように手の甲にミルクををたらし温度を確認します。手が冷えたりなどであまり分からない時は、手の甲に出したミルクを舐めます。ただ、人によって粉ミルクは大人が飲むとお腹を壊すと言われているので舐めすぎはご注意です。

ウォーターサーバーを設置しない理由

 我が家は決して裕福ではない為、ウォーターサーバーは設置していません。また、マンションの為キッチンは部屋が狭くて配置する場所もなく、我が家にはペットを飼っている為衛生上などの理由もあります。
 沸騰させる過程、白湯を用意する過程がウォーターサーバーでは短縮されるのでいいかなと思い、我が家でも2人目を出産した際、猫の手も借りたい程に忙しくなるようでしたら契約すると思います。

▲ページトップに戻る