長期不在時のウォーターサーバーの注意点

 ウォーターサーバーは、すぐに温冷のお水が使用できるように常にスタンバイしています。それが便利なところですが、ウォーターサーバーを残して長期不在にする場合どう対処するのが良いか知っていますか?2日や3日ぐらいなら気になりませんが、一ヶ月以上家を空けてしまうときは、「電源を切って節電しようかな?」など気になってくる方が多いと思います。
 今回は長期不在時にウォーターサーバーはどうするべきか、注意点とするべきことをご紹介します。

2週間不在の場合

 長期不在といっても人によってどれぐらいか考え方が違うと思います。たとえば2週間程度家を空ける場合、色々な家電の電源をオフにして出かけるところですが、ウォーターサーバーの電源を落とすのはNGです。電源を抜くと水の鮮度を維持できない状態になるため、水の内部に細菌が繁殖してしまったり、サーバー内も衛生面が悪くなってしまいます。そうならないためにも電源を入れておいて水の鮮度を保てる状態にしてください。

 ただ2週間使っていなかったのは事実なので、次に使用を再開するときには「捨て水」をしてください。大体コップ2杯分ぐらい捨て水をして、その後から飲み始めるようにすると安心です。やはり水が長期間チューブに溜まっていた場合、安全とは言えません。2週間でも飲み始めるときに異変があれば、すぐに飲むのをやめてメーカーに問い合わせましょう。

1ヶ月以上不在の場合

 1ヶ月以上の長期不在の場合、ウォーターサーバーの電源を落とすことをおすすめします。開封後のペットボトルを常温で保存しているのと同じ状態ですから、お水は衛生上飲まないほうが良いです。
 月々の電気代は1,000円程度ですが、そのままにしておいても数か月もたてば水は飲めなくなりますし、電気代だけがかかってしまいます。何より、電源を付けたままで数か月も空けているのは不安ですよね。

 数か月以上自宅を空ける長期不在時は、水抜きをすることになります。水抜きの方法は各メーカーのウォーターサーバーによって異なりますので、必ず説明書を見てください。

一般的な水抜きの方法

  1. 電源を切る
  2. 冷水レバーから水が出てこなくまで排水
  3. 温水レバーから水が出てこなくまで排水
  4. 背面からタンク内のお水を排水

※水抜きの方法は各メーカーで説明書を見て判断してください。

 ウォーターサーバーを導入しても、長期不在になるときにはちゃんと対処しておかなくてはいけません。電源を付けておいておけば、どれだけ不在にしても安心、なんてわけはありません。水は鮮度が命です。もしも説明書でわからないことがあれば、問い合わせをして適切な方法を指導してもらいましょう。

▲ページトップに戻る