浄水器 vs ウォーターサーバー | お水比較

 日本の水は水道水のままでも飲めますが、添加物の塩素や水道管の劣化からくる臭いや不純物を取り除いてから飲みたいですよね。水道水を直接使うことに抵抗を感じて浄水器をつけているご家庭も多いでしょう。浄水器は直接蛇口につけるものなので、手軽ではあります。しかし、最近はウォーターサーバーが家庭に普及し始めたことで、浄水器からウォーターサーバーに乗り換えを検討する人が増えています。
 今回は、浄水器とウォーターサーバーのどちらが良いのか、お水の質や衛生面を比較していきます。

衛生面を比較

浄水器は意外と汚い!

 浄水器は水道水に含まれる塩素などを除去してくれる働きがあります。しかし、浄水器自体に菌が繁殖してしまう可能性が高いです。浄水器は常に蛇口に取り付けられている状態で、汚れも溜まりやすいです。その中を水が通ってくるわけですから、塩素は取り除けても汚れや菌が取り除けないまま流れてきている、と思ってください。
 浄水器を定期的に洗浄していれば問題ありませんが、一度外すとまた取り付けるのが大変で、ついお手入れしないまま放置しがちです。しかし、浄水器はご家庭で洗浄しないといけません。目には見えませんが、細菌がたっぷり増殖しているかもしれないのです。

ウォーターサーバーは衛生的

 ウォーターサーバーは、お水の劣化の原因となる「空気」に触れにくい構造になっています。また、自動クリーンシステムを搭載していたり、メーカーが丸ごと分解洗浄してくれたりと定期的なメンテナンスを絶対に必要とします。
 面倒くさがりでも衛生的に使えるように考慮して作られているので、衛生面はとても安心です。

値段を比較

浄水器の方が安い

 浄水器の値段はピンキリでフィルターのランニングコストがかかるとはいえ、原水が水道水なだけあって、一般的には浄水器のほうが安くなると思います。ウォーターサーバーはサーバー本体のレンタル料金は無料なメーカーが多いですが、天然水はやはり高いです。

RO水なら安い

 RO水とは、放射性物質や細菌など、一般的な浄水フィルターでは取り除けないレベルの不純物も除去したお水です。RO水が作れる「逆浸透膜式RO浄水器」もありますが、ウォーターサーバーを導入したほうが安いと言われる程の上級浄水器です。
 ウォーターサーバーメーカーの中には「RO水」を取り扱っているメーカーがあり、原水が水道水であれば値段が安いのでおすすめです。

お水の質を比較

浄水器はあくまで水道水

 浄水器で塩素を除去して水道水よりはおいしくなりますが、水道水がミネラルウォーターにかわることはありません。また温度も常温なので、あまりおいしく感じないでしょう。

ウォーターサーバーは新鮮で美味しい

 ウォーターサーバーは、水の原産地にこだわったり、採水工場から直接自宅に届けてくれたりと新鮮で美味しいお水を飲める保証があります。原水が天然水のRO水を取り扱っているメーカーもあるので、お水の質にこだわるならウォーターサーバーに決まりです。

比較結果

 一度ウォーターサーバーにするとほかの水が飲めない、ともいいます。昔は浄水器があるかないかで水のおいしさが変わる、といわれていました。しかし最近では浄水器より進化しているウォーターサーバーがやはり水のおいしさ、衛生面、そして便利さでも優れています。

▲ページトップに戻る