電気代ズバリ!ウォーターサーバーの気になる維持費について

 ウォーターサーバーは注水する分だけ温めたり冷やしたりするため意外と電気代は高くありません。どのメーカーも月1,000円程度です。電気ポットは水をずっと温め続けるので月800円前後かかります。
 ウォーターサーバーの電気代を気にする方が多いのですが、冷水は冷蔵庫、温水は電気ポット、なんて生活をしている方なら電気代を気にする必要は全くないと思いますよ。
 今回は、ウォーターサーバーの気になる電気代について掘り下げていきます。

ウォーターサーバーは、どこで電気を食う?

ウォーターサーバーを導入しようと考えているご家庭にとって、電気代は家庭の生活を変える重要な問題です。エアコンの電気代を気にする家庭は多いでしょうが、なぜだかウォーターサーバー=電気代が必要という認識がまだあまりできていないようです。

 どうしてウォーターサーバーには電気代が必要かというと、当然ですが、すぐに冷たい水が出る、すぐに温かいお湯が出る、このメリットが電気代を必要とするからです。
 また、水の品質を保つためにも電気代は必要です。水が腐らないよう、いい状態で水を維持しておかなくてはいけないからです。衛生の観点からウォーターサーバーはコンセントを抜くことが出来ない為、維持費がかかります。

どれぐらいの電気代がかかる?

 ウォーターサーバーで必要となる具体的な電気代は、冒頭にもある通り大体1,000円程度です。安い場合は500円程度です。これは各メーカーによって異なります。最近は省エネで電気代が安いものも多く発売されていますが、元々高い電気代ではないため月200円安くなれば御の字という程度です。

 高くても月1000円程度であれば、大きく家計を圧迫することはないでしょう。冷蔵庫の開け閉めや電気ポットなどの電気代を考えると、今までよりも電気代が高くなって困るなんてことはないと思います。
 勿論、水は水道水そのまま常温で、お湯は水道水をガスで沸かす、という生活をされている方なら電気代が1,000円ほど上がることになるので注意して下さい。

 便利なものを使うのですから、必然と維持費は必要となってしまいます。維持費に見合った働きをしてくれるかどうか、それを基準に考えると答えは見えてきます。電気代はどのメーカーも大して変わりませんから、どのウォーターサーバーを使おうか迷ったときには電気代以外を比較することをおすすめします。

▲ページトップに戻る