ウォーターサーバー比較 | 選び方早わかり!

 ウォーターサーバーを設置したいと思ったとき、何を基準に選ぶべきはわかりませんよね。どれでも同じように思えてしまって、結局どれがいいかわからない…と悩んでしまいます。でも、きちんと比較ポイントさえ押さえておけば、自分で比較してぴったりのウォーターサーバーが選べるはずです。
 今回はウォーターサーバーを選ぶときの比較ポイントについてご紹介します。

サーバー本体の大きさを比較

 レンタル無料のメーカーがほとんどのサーバー。置き場所はキッチンかリビングが王道ですが、コンセントの位置なども考えると置く場所は限られてきます。サーバーの大きさを比較して、自宅に設置できそうかを確認しましょう。

横幅で選ぶなら

 「スリム」と名がつくサーバーがありますが、自分でスリムなんて言う奴を信用してはいけません。本当にスリムかどうか、実際のサイズをしっかりチェックしましょう。

高さで選ぶなら

 お水の取替えがラクだということで、ウォーターサーバー界では背丈の低いサーバーが人気。いくら低いサーバーを選んだとしても、お水の取替えのために、サーバーの高さよりかなり余裕を持ったスペースが必要になります。
 最近、お水を下に設置するタイプが登場しました。これはお水の取替えがラクチンなだけではなく、サーバーの高さピッタリのスペースに置くことが出来るので、高さに余裕がない家庭にはおすすめです。

サーバー本体のデザインを比較

 レンタル無料のメーカーがほとんどのサーバー本体。置き場所はキッチンかリビングが王道ですが、コンセントの位置なども考えると置く場所は限られてきます。サーバーの大きさを比較して、自宅に設置できそうかを確認しましょう。

お洒落なデザインで選ぶなら

 他を圧倒するお洒落サーバーのクリティアのアマダナ。もはやウォーターサーバーに見えません。こんなサーバーが部屋に置いてあったらテンションが上がりますね。

機能的なデザインで選ぶなら

 実用的なのは機能的なデザインサーバーですよね。お水を下に設置する機能的なデザインで話題になっているコスモウォーターのスマート。これなら誰でもお水を取り替えることができますし、地震対策にもおすすめです。

お掃除しやすいデザインで選ぶなら

 凹凸があるデザインは、ホコリが溜まりやすいデザイン。なるべくフラットなデザインを選ぶことでお掃除が簡単にできます。

操作性を比較

 便利さを買ってウォーターサーバーを設置するわけなので、操作性のチェックは重要項目。毎日何度も使うので、些細な操作性の悪さでもストレスになります。

使いやすさで選ぶなら

 多くのウォーターサーバーは、ボタンを押し込みつつコップでレバーを奥へ押すといった両手操作が必要です。赤ちゃんを抱っこしていたり、電話をしていたり、片手が汚れていたり、というときに注水できません。この手のサーバーは、そもそもコップを置くように設計をしていないので、台が不安定で水受けといった感じです。
 手軽に片手で注水したい方には、ワンタッチパネル型がおすすめです。これならコップを台に置いてボタンを押すだけなので、片手で注水が可能です。前かがみになったり座ったりせず、立ったまま操作できるのでラクチンです。

子供の有無で選ぶなら

 使いにくさの原因は「チャイルドロック」。子供がイタズラしないように、簡単にでないようにアレコレ操作しないと出ない仕組みになっています。子供がいる家庭では安全第一ですからチャイルドロックは必要不可欠です。
 イタズラ好きの子供がいる家庭に使われているのが、注水箇所全体を覆うカバー。別売りで取り扱っているメーカーが多いです。大人が注水しようと思ったとき手間がかかってしまうのが難点。
 注水ボタンが高い位置にあるタッチパネル型は強力チャイルドロックですが、子供が大きくなってからも1人でお水を注ぐことができないのが難点。

温度調節で選ぶなら

 多くのウォーターサーバーは、温水と冷水の二段階調節です。ミルクや離乳食作りで待たせることがなくなるので赤ちゃん大喜びですね。
 最近は、温冷に加えて常温と熱湯の四段階調節が出来るサーバーが登場しました。常温のお水はお腹に優しいですし、熱湯ならカップ麺などのインスタント食品もしっかり調理できるので、忙しいママも大喜びです。

水の種類を比較

 水の種類は「天然水」か「RO膜水」で選ぶことになります。RO水とは、お水をフィルターにかけて不純物を取り除いた赤ちゃんに優しいお水のことです。日本のウォーターサーバーメーカーが取り扱うお水は基本的に軟水ですから、味や扱いやすさを比較しても違いはありません。

品質重視で選ぶなら

 品質にこだわる人には天然水がおすすめです。RO水は不純物を含まないので安全ですが、人工的な手を加えたお水であることに変わりはりません。後からミネラルを人工的にプラスしていることがあったり、原水が水道水であったりしますから、美味しいお水が飲みたいということであれば天然水が良いです。

値段で選ぶなら

 値段にこだわる人には水道水を使ったRO水がおすすめです。ROフィルターは放射性物質や細菌が除去できているので、水道水より断然安全で、天然水ではない分安いです。お料理にもじゃんじゃん使う人や大家族の家庭にはおすすめです。

安全と品質で選ぶなら

 赤ちゃんのミルクや離乳食におすすめなのは天然水を使ったRO水です。採水した天然水をROフィルターにかけて、赤ちゃんの負担になるミネラルやウィルスなどの不純物を取り除いたお水なので、品質と安全に徹底的にこだわることができます。

▲ページトップに戻る